更年期障害の症状はこうやって改善する|病気に負けない身体

胆嚢がん治療方法

メンズとレディ

胆のうがんは、抗がん治療や科学療法、放射線療法では完治しない癌です。 手術ができる胆のうがんは、手術を行って癌の部分を切除しますが、癌の形態や進行によってさまざまです。 胆のうがんで、手術が行われるのは、全体の60%から70%です。 胆のうがんの判断は、エコーで胆のうがんが見つかり、ポリープが胆のうの壁の表面だけにできていると確実視される場合は、腹腔鏡下胆のう摘出術が可能です。 腹腔鏡手術だと、快復も早く2、3日で退院できます。 進行している胆のうがんは、開腹しての手術となり、手術後の治療も検討されます。 早期の発見で、早く治療し元気なからだで日常生活に戻れます。 食生活に気を付け、バランスの良いものを摂り、適度な運動をする事が大切です。

胆のうがんは、黄疸や腹痛、みぞおちの痛み、発熱や食欲不振、体重減少などの症状がでます。 胆のうがんの60%が、胆石を合併しているため、腹痛やみぞおちの痛み発熱としての症状が表れます。 胆石は、胆汁に含まれるコレステロールなどの、成分が結晶化して固まってできる石です。 この胆石を患った方が胆のうがんになる確率が、高いです。 そして胆嚢がんは、さらに進行が進むと、食欲がなくなって痩せてきます。 胆のうがんの進行に併せて手術等の治療をしていきますが、術後は胆汁の分泌が減少するので、消化不良や、下痢をおこしやすいです。 胆嚢がんの予防は、まず胆石にならないようにする事が大事です。 食生活を規則正しくしていきコレステロールを抑え肥満にならないようにすることが事が重要です。食生活を改善するとともに病院で人間ドックを受けましょう。病院の人間ドックでは、さまざまな病気について調べることができるので、病気を事前に把握することができます。