更年期障害の症状はこうやって改善する|病気に負けない身体

病気を知る

看護師

白血病の治療方法

少し前まで白血病は不治の病と言われていましたが、今ではしっかり治療をすることによって治る病気になってきました。 骨髄移植を行うという方法が完治への道ということだったのですが、骨髄が合う、合わないということがあるので、タイプが合わなければ治療が出来ないということになってしまいます。 それでも最近の白血病治療の方法として、臍帯血の移植という方法があります。 臍帯血であれば、あまりタイプというのは関係がありませんし、骨髄移植とは異なり、厳密にタイプが同じ出なければいけないということもないのです。 白血病の根本的な治療というのはかなり難しく、再発をしてしまう可能性があるので、白血病の病気のタイプによって再発をするのかどうかということも関係してくるのです。そのため、症状が軽くなったとしても定期的な人間ドックが必要になります。人間ドックでは、白血病の他にも様々な病気のチェックができます。

白血病の治療は早期に行うことが大事!

白血病とは、赤血球や白血球、血小板などの血液に存在する細胞が癌化してしまう、いわゆる「血液の癌」です。白血病には主に4つの種類があり、急性か慢性か、骨髄性かリンパ性かによってそれぞれ分けられます。急性の場合、治療を怠るとおよそ2ヶ月から3ヶ月程度で死亡してしまう極めて危険な病気です。 白血病を発症すると白血病細胞が骨髄内で異常に多くなり、正常な血液細胞が作られなくなっていくので、貧血や倦怠感、顔面蒼白、出血症状などが現れます。しかし、初期の慢性白血病だとこれらの症状は自覚できないことが多く、健康診断などで初めて見つかる場合も少なくありません。 白血病の治療には様々な方法がありますが、基本的には複数の抗癌剤を投与することで症状を抑えていきます。 白血病の治療は、何よりも早期に行うことが重要です。そのためにはやはり健康診断などの検査を定期的に行っていくことが大事であり、運良く白血病を発見できれば、症状が現れる前に治療できることもあります。自覚症状がなくても自分の身体の状態を調べておくことが、病気の苦しみから逃れられる唯一の方法なのです。